GCPにGROWIを構築する 01 GCPの設定

GCP(Google Cloud Platform)の無料枠内で、今イケてる社内wiki「GROWI」を動かしたときのメモです。

GCPの設定

Googleアカウントの作成、GCPの利用登録

省略します。

プロジェクトの作成

「プロジェクトの選択」クリック。 undefined.jpg

「新しいプロジェクト」クリック。 undefined.jpg

内容は適当に。「作成」クリック。 undefined.jpg

VMインスタンス作成

あらためて「プロジェクトの選択」から、先ほど作成したプロジェクトをクリック。

メニューから「Compute Engine」「VMインスタンス」をクリック。 undefined.jpg

VMインスタンス画面の「作成」をクリック。

いろいろ変更することがあるので注意。

  1. 名前を適当に変更。
  2. リージョンをus-west1に変更。usリージョンの一部のみが無料の対象とのこと。
  3. ゾーンは適当にus-west1-bに変更。
  4. マシンタイプを「micro (共有 vCPU x 1)」に変更。

ここまで変更すると、右側の説明に「今月の f1-micro インスタンス使用量は、最初の 672 時間分が無料です。」と表示される。 undefined.jpg

ブートディスクの「変更」をクリック。 undefined.jpg

OSを選択。今回は「Ubuntu 18.10 Minimal」にしました。 また、サイズは無料で使える限界の30GBに設定。 undefined.jpg

HTTP/HTTPS トラフィックを許可するようチェック。 その後、「作成」をクリック。 undefined.jpg

外部IPアドレス予約

「VPCネットワーク」「外部IPアドレス」を選択。 undefined.jpg

「静的アドレスを予約」をクリック。 undefined.jpg

名前と説明は適当に。 リージョンはVMインスタンスと同じにする。すると接続先にVMインスタンス名が表示されるため、それを選ぶ。 ここで無料のVMインスタンスに紐づけしないと、外部IPアドレスの分だけ課金されるらしいので注意。 「予約」をクリックして確定。 undefined.jpg

ファイアウォールルール設定

「ファイアウォールルール」をクリック。 undefined.jpg

「default-allow-http」をクリック。 undefined.jpg

「編集」をクリック。 undefined.jpg

一番下「プロトコルとポート」にtcp:80と設定されているが、 tcp:80; tcp:3000に変更する。 GROWIはデフォルトで3000ポートを使用するため。

以上でGCPの画面で行う設定は終わり。「Compute Engine」「VMインスタンス」を選択し、 VMインスタンス一覧の接続列にある「SSH」をクリック。コンソールが立ち上がる。 以降はコンソールでの設定。


Tags: GCP GCE GROWI Crowi blog